【全18社比較】WiMAXを申し込むならこの6社!プラン・端末の選び方も解説

WiMAX 比較 インターネット

WiMAXは多くのプロバイダから申し込みができるため、どのプロバイダを選べばいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

実は、WiMAXはどのプロバイダを選んでも提供エリアや速度、月間データ容量などの性能は変わりません。

そのため、WiMAXのプロバイダを比較する際は、下記5つのポイントに注目しましょう。

また、WiMAXでおすすめのプラン・端末は以下のとおりです。

おすすめプラン・端末
Life with.編集部
Life with.編集部

端末は在庫状況に左右されますが、プランはどのプロバイダでも同じものを選べますよ。

今回は、WiMAXのプロバイダ18社を徹底比較し、目的別におすすめの6社を紹介しています。

おすすめのプラン・端末も紹介しているので、WiMAXの選び方に迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
Life with. 編集部

金融商品の販売を行わないFP会社が生活に役立つ情報をお届けするメディアです。生活にまつわる様々なジャンルで、ポリシーに則った読者ファーストの良質な情報を提供しています。

Life with. 編集部をフォローする
  1. 【全18社】WiMAXのプロバイダを徹底比較
  2. WiMAXのプロバイダを選ぶならこの5社がおすすめ
    1. 他社から乗り換える・サポートの充実度を重視するなら「Broad WiMAX」
      1. キャンペーン適用で初期費用20,743円が無料になる
      2. 他社解約違約金を最大19,000円まで負担してくれる
      3. 手数料なしで指定の光回線・ホームルーターに乗り換えできる
      4. 2台同時申し込みで5,000円キャッシュバックがもらえる
    2. とにかく実質料金を抑えたいなら「GMOとくとくBB WiMAX」
      1. キャッシュバックのもらい忘れが心配なら「月額料金割引」がおすすめ
    3. 契約期間の縛りなしで利用したいなら「縛られないWiFi」
    4. 口座振替で支払いたいなら「BIGLOBE WiMAX」
    5. 5G対応プランを契約するなら「カシモWiMAX」
  3. WiMAXのプロバイダを比較する際の5つのポイント
    1. 実質料金の安さ
    2. 契約期間
    3. 支払い方法
    4. キャンペーン内容
    5. 解約違約金
  4. WiMAXのプラン比較|おすすめは実質無制限で使える「ギガ放題」
    1. より速さを求めるなら、5G対応の「ギガ放題プラスプラン」
    2. あまり使わないライトユーザーなら「7GBプラン」
  5. WiMAXの機種比較|おすすめは最新機種
    1. ポケットWiFiの最新機種「WX06」
    2. ホームルーターの最新機種「HOME 02」
  6. 【4ステップ】WiMAXの申し込みから利用開始までの手順
    1. ➀利用場所が提供エリア内か確認する
    2. ➁プラン・機種を選び、申し込みをする
    3. ➂端末到着後、初期設定をして利用を開始する
    4. ④キャンペーンの申請手続きがある場合、忘れずおこなう
  7. WiMAXに関するよくある質問
    1. WiMAXのプロバイダを比較する際のポイントは?
      1. WiMAXのキャンペーンは併用可能?
    2. WiMAXはプロバイダによって性能が変わる?
  8. まとめ

【全18社】WiMAXのプロバイダを徹底比較

まずはプロバイダによって内容が異なる、料金、契約期間、キャンペーン、支払い方法、違約金などについて、全18社を比較してみました。

ともこ
ともこ

「WiMAX2+」の新規受付は終了しているけど、比較しやすいように参考までに「WiMAX2+」の情報も記載しているよ。

また最新の5G回線に対応しているプランも合わせていますよ。

【WiMAXプロバイダ比較】

プラン プロバイダ 契約期間での
実質月額料金
契約期間 キャンペーン 支払い方法 解約違約金
ギガ放題
※1(一部終了)
GMOとくとくBB WiMAX
(割引)
3,865円 3年 ・6,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大20,900円
GMOとくとくBB WiMAX
(キャッシュバック)
3,908円 3年 ・30,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大20,900円
DTI WiMAX 3,967円 3年 ・端末代無料 ・クレジットカード 最大20,900円
カシモWiMAX 3,994円 3年 ・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大20,900円
EXWiMAX 4,010円 3年 ・端末代無料 ・クレジットカード 最大20,900円
Broad WiMAX 4,011円 3年 ・初期費用無料
・他社解約違約金負担
・指定回線への無料乗り換え
・端末2台同時購入5,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード
・口座振替
最大31,350円
hi-ho WiMAX 4,241円 3年 ・10,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大42,680円
ヨドバシ WiMAX 4,363円 3年 ・クレジットカード 21,780円
So-net WiMAX 4,414円 3年 ・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大20,900円
BIGLOBE WiMAX 4,612円 1年 ・17,000円キャッシュバック ・クレジットカード
・口座振替
1,100円
DIS mobile WiMAX 4,803円 3年 ・クレジットカード 10,450円
KT WiMAX 4,803円 3年 ・クレジットカード 10,450円
YAMADA air mobile 4,803円 3年 ・クレジットカード 10,450円
エディオン ネット 4,803円 3年 ・クレジットカード 10,450円
縛られないWiFi 4,874円 ・端末代無料 ・クレジットカード 0円
縛りなしWiFi 4,984円 ・端末代無料 ・クレジットカード 0円
UQ WiMAX 5,060円 2年 ・クレジットカード
・口座振替
1,100円
Vision WiMAX 5,258円 3年 ・月額料金割引
・事務手数料無料
・端末代無料
・クレジットカード 最大20,900円
au WiMAX 5,513円 2年 ・クレジットカード 1,100円
ギガ放題プラス
(5G回線対応)
GMOとくとくBB WiMAX
(5G)
4,607円 3年 ・10,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・クレジットカード 最大28,050円
カシモWiMAX
(5G)
4,704円 3年 ・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大41,000円
Broad WiMAX
(5G)
4,895円 3年 ・5,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード
・口座振替
最大28,050円
UQ WiMAX
(5G)
5,071円 2年 ・5,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・クレジットカード
・口座振替
1,100円
KT WiMAX
(5G)
5,124円 3年 ・月額料金割引 ・クレジットカード 10,450円
BIGLOBEWiMAX
(5G)
5,211円 1年 ・10,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・クレジットカード
・口座振替
1,100円
Vision WiMAX
(5G)
6,623円 3年 ・5,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・事務手数料無料
・端末代無料
・クレジットカード 最大28,050円
hi-ho WiMAX
(5G)
7,010円 3年 ・月額料金割引
・端末代無料
・クレジットカード 最大30,000円

※価格は税込

上記表のように、通常の「ギガ放題」同士で比べてみても、実質月額料金には最大で1,648円もの差があります。

「とにかく毎月の料金を安くしたい」という方であれば、実質月額料金が選択の基準になりますが、キャンペーンや解約違約金などの大きな違いも注目しましょう。

WiMAXのおすすめプロバイダは、目的によって実質月額料金以外のポイントでも変わってきますよ。

WiMAXのプロバイダを選ぶならこの5社がおすすめ

先ほどの比較表をもとにした、おすすめのWiMAXプロバイダは以下の5社です。

WiMAXおすすめプロバイダ

料金重視はもちろん、乗り換えの場合に有効なキャンペーンがあるもの、短期利用にぴったりなものなど、目的に合わせたプロバイダを紹介していますよ。

他社から乗り換える・サポートの充実度を重視するなら「Broad WiMAX」

Broad-WiMAX

他社のインターネット回線から乗り換える方や、サポートの充実度を重視する方には、「Broad WiMAX」がおすすめです。

【Broad WiMAX】

契約期間 3年
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代:0円
月額料金 〜2ヶ月目:2,999円
〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
契約期間での
実質月額料金
4,011円
キャンペーン内容 ・初期費用20,743円無料
・他社解約違約金最大19,000円負担
・指定回線への無料乗り換え
・2台同時購入時5,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替
解約違約金 1年目:31,350円
2年目:25,850円
3年目以降:10,450円
更新月:0円

※価格は税込

Broad WiMAXの実質料金は、WiMAXプロバイダのなかで最安ではありません。

しかし、他社からの乗り換え専用のキャンペーンがあるうえに、万が一速度や使い勝手に満足できなかった場合は、他社回線に無料で乗り換えられるキャンペーンが用意されています。

状況によっては、実質料金最安のプロバイダよりもかえって安くなるでしょう。

上記のお得なキャンペーンについて、以降で詳しく解説していきます。

キャンペーン適用で初期費用20,743円が無料になる

Broad WiMAXの契約にかかる、初期費用20,743円が無料になるキャンペーンです。

適用条件
  • 指定Webページから申し込む
  • ギガ放題プランまたは7GBプランでの申し込み
  • 支払い方法をクレジットカードに設定する
  • 指定オプション(安心サポートプラス・My Broadサポート)に加入する

上記の条件を満たせば、初期費用20,743円が無料になり、実質料金が大幅に安くなります。

ただし、このキャンペーンには以下のような注意点も存在します。

注意点
  • 事務手数料3,300円はかかる
  • 口座振替は対象外
  • 有料オプション加入が必須、不要な場合は利用開始後に解約が必要
  • 2年以内に解約するとキャンペーン違約金10,450円が発生する

他社解約違約金を最大19,000円まで負担してくれる

光回線に多くみられる、乗り換え時の解約違約金負担キャンペーンです。

Broad WiMAXでは回線の種類にかかわらず、他社サービスからであれば最大19,000円まで負担してもらえます。

適用条件
  • ギガ放題プランまたは7GBプランでの申し込み
  • 支払い方法をクレジットカードに設定する
  • 指定オプション(安心サポートプラス・My Broadサポート)に加入する

なお、この解約違約金負担のために必要な有料オプションは、初月で解約可能です。

Life with.編集部
Life with.編集部

解約をすれば、以降オプション料金がかかることはありません。

しかし、「安心サポートプラス」の初月分605円はかかる点に注意しましょう。

手数料なしで指定の光回線・ホームルーターに乗り換えできる

「いつでも解約サポート」という名称で、Broad WiMAXからいつでも解約違約金なしで、他社回線に乗り換えできるキャンペーンです。

乗り換え先になる回線はBroad WiMAXが指定するものに限定されるものの、以下のように有名な大手サービスも含まれます。

いつでも解約サポート対象サービス
  • ソフトバンクエアー
  • モバレコエアー
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • auひかり
  • ドコモ光
  • So-net光プラス

2台同時申し込みで5,000円キャッシュバックがもらえる

Broad WiMAXのWebサイトから2台、または3台同時に申し込んだ場合に、5,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンです。

適用条件
  • ギガ放題プランまたは7GBプランでの申し込み
  • 支払い方法をクレジットカードに設定する
  • 指定オプション(安心サポートプラス・My Broadサポート)に加入する

このキャンペーンは2台同時に申し込みをすれば、自動的に案内メールが届くようになっています。

とにかく実質料金を抑えたいなら「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX

「とにかく安くWiMAXを契約したい」という方には、実質料金が抑えられる「GMOとくとくBB」がおすすめのプロバイダです。

キャンペーンは、キャッシュバックと月額料金割引の2種類から選べます。

【GMOとくとくBBキャッシュバック】

契約期間 3年
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代:0円
月額料金 〜2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
契約期間での
実質月額料金
3,908円
キャンペーン内容 ・30,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
支払い方法 ・クレジットカード
解約違約金 1年目:20,900円
2年目:15,400円
3年目以降:10,450円
更新月:0円

※価格は税込
※キャッシュバックキャンペーンの場合

GMOとくとくBBのキャッシュバック30,000円は、WiMAXプロバイダのなかでも最高額です。

現金で受け取れるため、用途も自由ですよ。

適用条件
  • GMOとくとくBBに新規入会である
  • 指定Webページから申し込む
  • 対象機種での申し込み

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックは受取手続きが11ヶ月後と遠く、忘れやすい点に注意しましょう。

申請方法
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、GMOとくとくBBのメールアドレスに案内メールが届く
  2. メールからキャッシュバック受取先口座情報を登録
  3. 登録操作の翌月末日に振込

キャッシュバックのもらい忘れが心配なら「月額料金割引」がおすすめ

GMO-とくとくBB WiMAX 割引

GMOとくとくBBは、キャッシュバックを受け取り忘れてしまうと実質料金が大幅に高くなってしまいます。

しかし、キャンペーンを月額料金割引にすれば割引は自動で適用され、もらい忘れの心配がありません。

【GMOとくとくBB月額料金割引】

契約期間 3年
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代:0円
月額料金 〜2ヶ月目:2,849円
〜24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目以降:4,688円
契約期間での
実質月額料金
3,865円
キャンペーン内容 ・6,000円キャッシュバック
・月額料金割引
・端末代無料
支払い方法 ・クレジットカード
解約違約金 1年目:20,900円
2年目:15,400円

※価格は税込
※月額料金割引キャンペーンの場合

なお、月額料金割引のGMOとくとくBBにも、6,000円のキャッシュバックがあります。

このキャッシュバックを受け取ると、他のプロバイダと比べて実質料金が最安です。

受取手続きの時期は、キャッシュバックキャンペーンと同様に利用開始から11ヶ月後です。

適用条件
  • 指定Webページから申し込む
申請方法
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、GMOとくとくBBのメールアドレスに案内メールが届く
  2. メールからキャッシュバック受取先口座情報を登録
  3. 登録操作の翌月末日に振込

契約期間の縛りなしで利用したいなら「縛られないWiFi」

縛られないWiFi

WiMAXを短期間で利用したい方には、契約期間なしのWiMAXで最安の「縛られないWiFi」がおすすめです。

縛られないWiFiのWiMAXは契約期間がなく、いつでも無料で解約できます。

【縛られないWiFi】

契約期間 なし
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代:0円
月額料金 4,620円
契約期間での
実質月額料金
4,874円
キャンペーン内容 ・端末代無料
支払い方法 ・クレジットカード
解約違約金 0円

※価格は税込

WiMAXプロバイダの多くには、最長3年の契約期間があります。

ともこ
ともこ

契約期間内で解約をしてしまうと、数万円単位の高額な解約違約金がかかる仕組みになっているよ。

そのため、基本的にWiMAXは短期間の利用に向いていません。

ただし、縛られないWiFiであればいつでも無料で解約でき、「数ヶ月間だけWiMAXを使いたい」という方にも対応できます。

口座振替で支払いたいなら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE-WiMAX

WiMAXプロバイダ比較の表に記載のある「WiMAX2+」は既に終了しているので、

支払い方法を口座振替で設定したい方には、「BIGLOBE WiMAX」がおすすめです。

【BIGLOBE WiMAX】

契約期間 1年
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代:21,120円
月額料金 4,378円
契約期間での
実質月額料金
4,612円
キャンペーン内容 ・17,000円キャッシュバック
支払い方法 ・クレジットカード
・口座振替
解約違約金 1年以内:1,100円
2年目以降:0円

※価格は税込

WiMAXプロバイダの多くは、支払い方法をクレジットカードのみとしています。

しかしBIGLOBE WiMAXは、口座振替が使える少ないプロバイダのなかで実質料金が最安です。

Life with.編集部
Life with.編集部

また、契約期間が1年間と短く、契約期間中に解約をしても違約金が1,100円と安い点も大きな特徴です。

なお、BIGLOBE WiMAXには端末代21,120円がかかりますが、17,000円のキャッシュバックキャンペーンで大半を補填できますよ。

5G対応プランを契約するなら「カシモWiMAX」

カシモWiMAX

WiMAXで新しくサービスが開始された5G回線対応プランを契約するのであれば、「カシモWiMAX」がおすすめです。

【カシモWiMAX】

契約期間 3年
初期費用 事務手数料:3,300円
端末代:0円
月額料金 1ヶ月目:4,500円
2ヶ月目以降:4,750円
契約期間での
実質月額料金
4,704円
キャンペーン内容 ・月額料金割引
・端末代無料
支払い方法 ・クレジットカード
解約違約金 2年以内:41,000円
3年目以降:36,000円
更新月:0円

※価格は税込

5G対応のプラン「ギガ放題プラス」は、今までのプランと比べて月額料金が高く設定されています。

ただしカシモWiMAXであれば、最安の実質料金で利用できます。

ともこ
ともこ

また、カシモWiMAXでは端末代無料キャンペーンも実施中だよ。

最大速度が2Gbpsを超える最新端末を0円で手に入れられることも、大きなポイントです。

WiMAXのプロバイダを比較する際の5つのポイント

WiMAXはプロバイダが変わってもエリアや速度、通信容量が変わりません。

そのため、どのWiMAXプロバイダが自分に合っているかを比較する場合は、以下の5つのポイントに注目しましょう。

先述でおすすめしたプロバイダは、上記のいずれか、または複数のポイントで優れています。

実質料金の安さ

WiMAXの料金の安さを比べる際は、月額料金ではなく「実質料金」が安いかどうかがポイントです。

実質料金とは、契約期間内にかかるすべての費用と、キャンペーンを合わせて算出する金額のことです。

契約期間や特典の内容が異なるプロバイダ同士でも、料金を正確に比較できます。

実質料金の計算方法は以下のとおりです。

実質料金の計算方法
  • 月額料金 × 契約月数 + 初期費用(事務手数料・端末代)- キャンペーン(割引・キャッシュバック)

契約期間

WiMAXはプロバイダによって契約期間が異なり、3年間が一般的です。

「3年だと長すぎる」「短期利用を想定している」という方であれば、契約期間が短い、または契約期間自体がないプロバイダを選びましょう。

契約期間が短いWiMAXプロバイダ

支払い方法

WiMAXの月額料金の支払い方法は、クレジットカードのみに限定しているプロバイダがほとんどです。

クレジットカードを持っていない、または使いたくないという方は、口座振替に対応している以下のプロバイダから選択しましょう。

口座振替対応WiMAXプロバイダ

なお、支払い方法を口座振替にする場合、口座振替手数料が毎月かかる点に注意しましょう。

キャンペーン内容

WiMAXのキャンペーン内容はプロバイダによって異なり、先述のとおり実質料金を大きく左右します。

料金をとにかく安くしたい場合は、キャッシュバック額や割引額が高いプロバイダがおすすめです。

Life with.編集部
Life with.編集部

ただし、とくにキャッシュバックは金額が高額になるほど受取時期が遅かったり、受取手続きが難しかったりする傾向があります。

受け取り忘れ・申請不備などが不安な人はよく確認し、簡単にキャッシュバックを受け取れるプロバイダを選ぶことも考慮しましょう。

解約違約金

WiMAXの各プロバイダが設定している契約期間内に解約をしてしまうと、解約違約金がかかってしまいます。

プロバイダによっては解約違約金が30,000円を超える場合もあります。

ともこ
ともこ

解約する可能性が少しでもあるなら、確認しておこう。

なお、短期解約の予定がある場合は、多少料金が高くなったとしても契約期間がなく、いつでも無料で解約できるプロバイダのほうがおすすめです。

WiMAXのプラン比較|おすすめは実質無制限で使える「ギガ放題」

WiMAXには現在3つのプランがあります。

それぞれ月間データ容量や月額料金、速度制限の条件などが異なるので、以下の表で詳しくみていきましょう。

【WiMAXプラン】

7GBプラン ギガ放題 ギガ放題プラス
5G回線 非対応 非対応 対応
月間データ容量 7GB 無制限 無制限
速度制限条件 1ヶ月で7GB以上 3日間で10G以上 3日間で15G以上
速度制限の期間 月末日まで 条件超過翌日の夜間
(18:00 〜 翌2:00頃)
条件超過翌日の夜間
(18:00 〜 翌2:00頃)
制限時最大速度 28kbps 1Mbps 1Mbps
月額料金の目安
(GMOとくとくBBでの料金)
3,969円 4,688円 5,302円

※価格は税込

ほとんどの方におすすめできるのは、データ容量が無制限で月額料金も比較的安めな「ギガ放題プラン」です。

ギガ放題プランがおすすめの人
  • 1日平均3GB程度のデータを使う人
  • 5G回線のエリア外の人

なお、ギガ放題の速度制限条件である「3日で10GB以上」の10GBの目安は、以下のとおりです。

【10GBでできること】

作業 目安
Webページ閲覧 約50,000回
メール送受信 約200万通
地図検索 約14,000回
YouTube視聴
(普通画質)
約50時間
YouTube視聴
(高画質)
約14時間
LINE音声通話 約500時間
LINEビデオ通話 約30時間

より速さを求めるなら、5G対応の「ギガ放題プラスプラン」

WiMAX(ワイマックス)5G対応プラン
引用:Broad WiMAX

WiMAXで5G回線に対応しているプランが「ギガ放題プラス」で、5G回線対応の専用端末が提供されます。

5G対応端末は、最大速度が2Gbpsを超えるハイスペックな機器です。

Life with.編集部
Life with.編集部

ギガ放題プランよりも速い速度で利用できますよ。

また、速度制限の条件も「3日間で15GB以上」とギガ放題よりも5GB多く、速度制限になりにくい点も特徴です。

ギガ放題プラスプランがおすすめの人
  • 高速通信を求める人
  • 1日平均5GB程度のデータを使う人
  • 5G回線のエリア内の人

ただし、WiMAXの5G回線はまだ提供エリアが限定されています。

エリア外では、通常のWiMAX 2+・au 4G LTE回線での通信となる点に注意しましょう。

あまり使わないライトユーザーなら「7GBプラン」

あまりインターネットを利用しない人には、月間データ容量が7GBの「7GBプラン」がおすすめです。

ともこ
ともこ

月額料金が全プラン中もっとも安いため、できるだけ安くWiMAXを使いたい方にはぴったりですよ。

ただし、月間7GBという容量は動画などを視聴するとすぐに使い切ってしまう低容量です。

さらに7GBを超えてしまうと、月末まで最大128kbpsの厳しい速度制限になってします。

128kbpsはWebサイトを表示するのにも時間がかかってしまうほど低速度であるため、7GBプランを契約する場合は使いすぎに注意が必要です。

7GBプランがおすすめの人
  • あまりインターネットを利用しない人
  • できるだけ安くWiMAXを契約したい人

WiMAXの機種比較|おすすめは最新機種

WiMAXを申し込む際、複数の機種から希望の端末を選択します。

なかでもおすすめは、ポケットWiFi・ホームルーターともに最新機種です。

WiMAXの最新機種
  • ポケットWiFi:WX06
  • ホームルーター:HOME 02

ポケットWiFiとホームルーターは持ち運びができるかどうかが大きな違いですが、そのほかにも同時接続可能台数や速度の安定性にも差があります。

【ポケットWiFi・ホームルーターの違い】

種類 ポケットWiFi ホームルーター
持ち運び 可能 不可
同時接続可能台数 10〜20台 20〜40台
速度の安定性 比較的低い 高い
おすすめできる人 ・外出先でも利用する人 ・自宅だけで利用する人
・速度の安定性を求める人
・接続台数が多い人

外出先でも使いたい場合はポケットWiFiを選択し、自宅内でしか使わない場合はホームルーターを選びましょう。

【機種比較】

ポケットWiFi ホームルーター
WX06 W06 HOME 02 HOME L02
最大速度 下り:440Mbps
上り:75Mbps
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
下り:440Mbps
上り:75Mbps
下り:1.0Gbps
上り:75Mbps
実測値平均速度 下り:36.98Mbps
上り:6.53Mbps
下り:33.81Mbps
上り:4.98Mbps
下り:23.83Mbps
上り:4.73Mbps
下り:56.84Mbps
上り:7.93Mbps
同時接続可能台数 16台 16台 20台 40台
サイズ 111 × 62 × 13.3mm 128 × 64 × 11.9mm 50 × 118 × 100mm 93 × 178 × 93mm

以降では、おすすめのポケットWiFi「WX06」と、ホームルーター「HOME 02」について詳しく解説します。

Life with.編集部
Life with.編集部

なお、先述の5G回線対応プラン「ギガ放題プラス」で申し込みをすると、上記以外の専用端末が提供されますよ。

ポケットWiFiの最新機種「WX06」

WX06WX06
引用:縛られないWiFi

「WX02」はNECが製造しているWiMAXのポケットWiFiで、以下のような特徴があります。

WX06の特徴
  • 2.4GHz、5GHzの2種類の周波数を同時に利用できる
  • QRコードで簡単に接続できる
  • 現在のデータ通信量が画面で確認できる
  • クレードル利用で速度がより安定する

WX06は、接続する機器や周辺の環境によって、WiFiの電波を自動的に最適な周波数へ切り替える「バンドステアリング機能」を備えています。

2.4GHzは電波干渉に強い、5GHzは速度が安定しやすいというそれぞれの特性があるため、WX06であればいつでも最適な環境でインターネットを利用することが可能です。

また、別売りの充電台座のクレードルを利用すれば、拡張アンテナでより安定した通信ができます。

ホームルーターの最新機種「HOME 02」

HOME02
引用:縛られないWiFi

WiMAXホームルーターの最新機種「HOME 02」も、NEC製造の端末です。

以下に、HOME 02の特徴をまとめました。

HOME 02の特徴
  • 2.4GHz、5GHzの2種類の周波数を同時に利用できる
  • 現在のデータ通信量や電波状態をスマホで確認できる
  • 接続中の機器を一覧で確認し管理できる
  • スマートスピーカー「Alexa」と連携できる

HOME 02も先述のWX06と同様に「バンドステアリング機能」に対応しており、常に最適な周波数で機器を利用できます。

また、専用のスマホアプリから簡単にHOME 02の管理も可能です。

とくに電波状態を確認できる機能を使えば、家のなかでのHOME 02の最適な設置場所をみつけられます。

機能をフル活用することで、より安定したインターネット環境を整えられるでしょう。

【4ステップ】WiMAXの申し込みから利用開始までの手順

WiMAXを申し込んでから利用開始までは、以下の4ステップです。

光回線のような工事は不要であるため、端末が到着するまでの数日で利用開始できます。

➀利用場所が提供エリア内か確認する

WiMAXは日本全国が提供エリアですが、一部提供外のエリアもあります。

提供エリアは、WiMAXサービスエリアで都道府県名から確認することが可能です。

➁プラン・機種を選び、申し込みをする

自分に合っているWiMAXプロバイダのWebページから、申し込みをおこないます。

おすすめのプランは、【WiMAXのプラン比較|おすすめは実質無制限で使える「ギガ放題」】、おすすめ機種は【WiMAXの機種比較|おすすめは最新機種】で解説していますよ。

➂端末到着後、初期設定をして利用を開始する

申し込み完了から数日で、WiMAXの端末が到着します。

到着時点で利用できる状態なので、ポケットWiFiは充電、ホームルーターはコンセントに接続しましょう。

ともこ
ともこ

パソコンやスマホとの接続に必要なWiFiのID・パスワードは、WiMAX端末の画面や本体添付のシール、同梱の書類から確認できるよ。

④キャンペーンの申請手続きがある場合、忘れずおこなう

WiMAXを申し込んだプロバイダのキャンペーンに、申請手続きが必要な場合は、忘れずに手続きをしましょう。

ただし、GMOとくとくBBのキャッシュバックのように、手続きのタイミングが利用開始から遠い日付に設定されている場合があります。

手続きタイミングが遠い場合はもらい忘れが発生しやすいため、スマホのリマインダー機能やカレンダーを使いましょう。

WiMAXに関するよくある質問

最後に、WiMAXに関するよくある質問と、そのその回答を紹介します。

WiMAXのプロバイダを比較する際のポイントは?

WiMAXのプロバイダを比較する際に注目するポイントは、以下の5つです。

実質料金の安さももちろん重要ですが、「支払い方法が合っているか」「契約期間はどれくらいが最適か」など、ほかのポイントにも注目しましょう。

WiMAXのキャンペーンは併用可能?

プロバイダ独自のキャンペーンは、ほかのプロバイダからの申し込みでは併用できません。

なお、WiMAX公式のキャンペーンでも「auスマートバリュー mine」など、一部プロバイダでは併用できない場合があります。

WiMAXはプロバイダによって性能が変わる?

提供される端末や利用回線は同じであるため、WiMAXはどのプロバイダから申し込んでも性能は変わりません。

したがって、プロバイダは料金キャンペーン内容などを基準に選びましょう。

まとめ

WiMAXは申し込むプロバイダが変わっても、同じ端末・同じ回線で利用できます。

そのためプロバイダの選択は、プロバイダそれぞれが独自に設定している以下のポイントを基準に選びましょう。

上記5つのポイントを基準に全18社のWiMAXを比較した結果、おすすめだといえるのは以下の5社です。

WiMAXおすすめプロバイダ

単純に実質料金の安さだけを優先すると、乗り換え前の回線やWiMAX短期解約時の解約違約金などで、かえって支払う料金が高くなることもあります。

また、支払い方法にクレジットカードを使えない場合など、契約者の状況次第でプロバイダの選択肢がせまくなることもある点に注意しましょう。

ぜひ本記事で比較したWiMAXのプロバイダを参考にして、お得に契約をしてくださいね。